専門店でのメンテナンス

1.電池交換

電池交換は、専用の道具と、裏蓋の開け方・閉め方、電池の取り扱い方などの知識を持っている技術者が行いますので、基本的には専門店でやってもらいます。また、裏蓋を開け閉めした際は、防水検査を行います。

2.オーバーホール

使用するオイルの質にもよりますが、できれば3年に1度はオーバーホールを行いましょう。高品質のオイルを使用しているなら、4~5年ごとでも差し支えないでしょう。5年を過ぎるとオイルが劣化し、部品の摩耗等、時計に影響が出始めます。

 

メンテナンスのことなら、時計修理の専門店「時計修理110番」にご相談ください。オメガ、セイコー、ロレックス、IWC・・・などなど、どんな時計でも修理いたします!

2012年6月4日

このページの先頭へ