アンティークはどう選ぶか

腕時計に関しては、明確な「アンティーク」の定義はありませんが、おおむね1970年代より以前に作られた時計をアンティーク時計と言います。

1970年代にクオーツ時計が発明されてから、安価な腕時計が普及しましたが、それ以前の機械式時計は、時計職人が手作業で作成しており、とても高価なものでした。

ひとつひとつの時計に個性があり、外観や機構もメーカーによって特徴があるなど、アンティーク時計には独特の魅力があります。
その個性に希少価値も加わり、実用品として使用するだけでなく、蒐集する楽しみもあります。

しかし、古い時計はこれまできちんとメンテナンスされているかどうかによって、コンディションには大きな個体差があります。

とくに重要なのは、機械部分がきちんと整備されているかどうかです。定期的にメンテナンスされている時計であれば、トラブルが発生することは少ないです。

外観がいくら磨かれていてきれいに見えても、機械部分に摩耗や劣化などがあると、購入後に不具合が生じる可能性も高くなります。そのため、気に入った時計と出会ったら、最期にオーバーホールを行ったのはいつか、購入時にメンテナンス歴を聞いてみましょう。

ところで、きちんと整備されている時計であっても、経年劣化は免れることができません。精度や防水性は新しい時計の方が優れていますし、購入後のメンテナンスという点でも、古い時計の方がより手間がかかります。

そのため、日常使用する時計に現代の時計を選ぶというのも悪くありません。流行のデザインや最新の機能を持った時計には、また違った魅力があるものです。

新しい時計であれば当たり外れはまずありませんから、個体による差をほとんど意識せずに、安心して購入することができます。

屋外で活動するときには丈夫な現代の時計を身に着け、汗やほこりの心配がない環境では、アンティークを使用するといった使い分けをするのも良いでしょう。

2016年12月29日

このページの先頭へ