正規輸入品か並行輸入品か

「正規輸入品」というのは、海外ブランドメーカーが日本に設立した法人を通して、あるいは代理店契約をした企業を通して供給された商品を指します。

一方、「並行輸入品」とは、正規輸入品のルート以外で供給された商品です。この場合は、輸入業者が、海外の中間卸や小売店などから仕入れた商品を日本に輸入しています。

つまり、正規輸入品と並行輸入品は、同じ商品であっても流通経路が異なっているのです。

腕時計を購入する際には、「正規輸入品」と「並行輸入品」をどのように捉えたらよいのでしょうか。

購入者側から見たそれぞれのメリットをまとめてみましょう。

 

正規輸入品のメリット

  • 商品が偽物(コピー商品、模倣品、フェイク)である可能性がない
  • アフターサービスが充実している
  • 価格が安定している

並行輸入品のメリット

  • 多くは正規輸入品よりも価格が安い
  • 正規代理店では取扱いのない商品(日本では未発売の商品)でも手に入る

 

このようなことを踏まえて、腕時計購入の際には、次のようなことをチェックしておきましょう。

1.アフターサービスの内容

並行輸入品であっても、通常、国際保証書が付きますが、その保証内容や保証期間は正規代理店とは異なっていることもあります。

万が一故障した時のために、正規店と並行輸入業者それぞれ保証の内容と期間を問い合わせておきましょう。

2.価格

多くの場合は、同じ商品であれば、正規代理店で購入するよりも並行輸入業者から購入した方が、価格が割安で購入できます。

ただし、日本の正規代理店で取り扱いがなかったり、品薄だったりした場合は、プレミア価格となり、並行輸入品の方が高いこともあります。

また、限定モデルも場合も、並行輸入品の方が高いケースがあります。

3.品質

品質に関しては、正規代理店で購入した場合も、並行輸入品を購入した場合も、メーカーの基準はクリアしたものですから、問題ありません。

ただし、時計は非常に繊細なものですから、海外で購入したものを日本に輸送してきた場合、本来の精度が保たれているかどうかは確かめた方が良いでしょう(並行輸入品を購入する場合)。

 

このほかに、偽ブランド品を掴まないためには、お店選びも重要です。

外見で明らかに偽物と分かったり、値段が安すぎたりするものは分かりやすいですが、最近では、非常に精巧にできている偽物のブランド時計も出回っています。

それらの中には、素人が一見しただけでは本物と区別がつかないものもありますので、実績あるお店を選ぶようにしましょう。

2012年6月28日

このページの先頭へ